オロロンライン北上

望来
今日は留萌まで日本海側=通称オロロンラインを通って行って来ました。この望来のパークゴルフ場は海に面して素晴らしい環境でした。札幌からはちょっと遠いのですが浜風の中でのプレーはとても気持ち良さそうです。
黄金岬
そして留萌の黄金岬です。あいにく曇りがちで泳いでいる人はいませんでしたが、キャンプや甲羅干しを楽しんでいるようでした。途中の望来、厚田、浜益にはほとんど人影がなかったのにここは人気のスポットのようです。

セミナー

省令準耐火セミナー
昨日は教育文化会館でビルダーさん向けに省令準耐火構造のセミナーがありました。 防火サイディング・防火クロスの普及や喫煙率の低下により失火は減っていますが、最近 放火が増えています。弊店のお客様でも郵便受けに可燃物を投げ込まれる、火の付いた線香をポストに入れられる、風除室内の荷物に火をつけられる、物置に火をつけられる、アパートの空室に入り込んで火をつけられるなどの被害がありました。監視カメラや人感センサーの設置など防衛体制も必要ですが、基本は燃えにくい家を造ることです。省令準耐火構造は少ないコストで耐火性能を高める構造で、人命や財産を守る為に非常に有効です。さらに火災保険料が半分以下になり、いいことだらけなのですがまだまだ認知度が低いので、継続的にお伝えしていきたいと思っています。
受付
受付風景ですが怪しい受講者?も出現です。記念にパチリ!(^_^)!

COOL BIZ

COOLBIZ
Yシャツといえば長袖!と思ってきましたが、これだけ温暖化防止や電力使用制限が叫ばれると半袖にノーネクタイにしないと非国民になってしまいます。最初は首元が締まらず違和感がありましたが、慣れてくるとやめられません。クールビズのバッジをトクイさんに作っていただきましたが、かわいいペンギンが半袖・ノーネクタイ姿でとても気に入っています。

省令準耐火構造

7-21-1
しばらくぶりの投稿になります。暑くなってきましたが皆様お元気でお過ごしでしょうか?7/21に開催 する省令準耐火構造のセミナー準備で大忙しでしたが、昨日DMの発送を終え一息です。省令準耐火構造とはわずかな建築費のアップで燃えにくい構造にすることです。5月にMS社のN課長と共に苫小牧に行き、一級建築士H先生に教えを請い、住宅業界の各先生を訪問し準備を進めてきました。みなさんもご存知かと思いますが、火災の発生原因の1位は放火です。弊店のお客様も昨年末にポストから着火剤を投げ込まれ出火しましたが、省令準耐火構造のおかげで玄関回りだけの火災で済みました。放火犯はいまだに捕まっておらず、こちらもガードを固めるしかありません。省令準耐火構造にすることにより火災保険料も安くなるので、普及に一役立てればと思います。